【プレスリリース】- KMT 日本初のドローン活用によるゴルフ場管理を開始 –

– KMT 日本初*のドローン活用によるゴルフ場管理を開始 –
広大な面積を最高のコンディションで維持します。

弊社は、ドローンによるゴルフ場管理ソリューションの提供を2019年7月9日(火)より開始し、本日プレスリリースを致しましたのでお知らせを致します。

広大な面積を最高のコンディションで維持するために多大なコストを要するゴルフ場では、維持管理コストの改善のためにアグリテックへの注目が高まっています。
この度、長崎県「パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ様」に於きまして、管理方法の改善策として弊社の「Parrot Disco-Pro AG」を採用していただきました。
「パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ様」は、大村湾を眺めながら四季を通して多彩な表情を写し出す、全国屈指のシーサイドコースです。
メジャートーナメントをはじめとするプロトーナメントも開催される同ゴルフ場は、敷地面積にして80万平米を超える広さを保有しています。
空気力学に基づいたデザインのParrot Disco-Pro AGは、高度な自動操縦機能とパワフルなモーター、長時間持続バッテリーも実装されています。
フライト高度70m飛行時で、同ゴルフ場全体を4回のフライトに分けて撮影されたNDVIデータをもとに芝生の状態を解析。
従来の地上の情報と上空からの情報が得ることができ、芝生のコンディションを全体で掌握することにより、肥料・農薬等の適材適所の散布ができるようになり、コスト削減効果が期待できます。
(*弊社調べ)

プレスリリース記事はこちら

フライトイメージ

「パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ様」